ハーレクイン=プレゼンツ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・プレゼンツ。これを読まずに・・・。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

永遠の始まり (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『今度こそ結婚!』―“お父さんが悪い女と結婚しそうだから助けて!”メグは親友の子供たちから急を告げる手紙を受け取った。亡き親友の夫ダスティとメグはかつて深く愛し合ったが、互いの夢が食い違っていたせいで別離を選んだのだった。メグは急いで故郷テキサスに戻り、子供たちの面倒を見たいとダスティに申し出た。だが彼は、自分の妻にならなければそんなことは許さないと言い放つ。『愛が試されるとき』―キットの婚約者レイフは、彼の故郷スペインで結婚式を挙げるため、空港に向かっている途中で事故に遭い、重傷を負ってしまう。レイフはキットと結婚するまでは手術を受けないと言い張り、急遽、アイダホの病院で結婚式が行われた。そして手術は無事成功したが、彼は記憶を失っていた!彼はキットのことも、まったく覚えていなかった。『運命の招待状』―投資顧問会社勤務のベルと大学院生のルークは若くして結婚した。しかし、収入の差や社会的立場の違いから亀裂が生じ、離婚という結末を迎えてしまう。七年後、ベルに送られるはずの姪の結婚式の招待状が、間違ってルークのもとに届けられた。彼が招待状を届けに来たことで二人は再会し、互いの胸の中に昔と変わらぬ情熱の炎が燃えているのを知った。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
サッカー,キャシー・G.
オハイオ州に生まれ育った。マイアミ大学卒業後、幼なじみと結婚。あちこちの州に移り住んだが、現在は夫と三人の子供とともにテキサス州に居を構えている。すでに六十作以上の小説を発表し、ノンフィクションの記事も多数ある。アメリカロマンス作家協会会員

ウィンターズ,レベッカ
アメリカの作家。大学で、多数の外国語や歴史を学び、フランス語と歴史の教師になった。ユタ州ソルトレイクシティに住み、四人の子供を育てながら執筆活動を開始。これまでに数々の賞を受けたベテラン作家である

ジョーダン,ペニー
イギリスの作家。結婚後もしばらく大手銀行で働いていたが、現在は執筆に専念。イングランド北西部チェシャーの古い館で暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

炎の夜 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
傷心の彼女たちの心に、再び恋の炎は燃え上がるのか―ジョアン・ロス、ヘザー・マカリスター、エルダ・ミンガー。三人の人気作家が贈るやさしく激しい恋と、きらめく運命の物語。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロス,ジョアン
物心ついたときから作家志望で、初めての小説は七歳のころに書いた二羽の鴨が主人公の悲恋物語だった。1982年にロマンス作家として念願のデビュー。以後五十以上もの作品を生みだしている。高校時代の恋人と二度結婚した経験の持ち主。アリゾナ州在住

マカリスター,ヘザー
高校時代からの恋人と結婚。電気技師となった夫と元気いっぱいのふたりの息子に囲まれてテキサス州に暮らす。愛情にあふれた人生を楽しみつつ、幸せな結末が約束された愛の物語を書きつづけている

ミンガー,エルダ
十年以上にわたって、ハーレクイン・テンプテーション及びアメリカン・ロマンスで執筆、そのセクシーな作風で読者を魅了してきた。作家の参加する会議でスピーチをしたり、小説家養成コースの講師を務めたりといった対外活動にも積極的。南カリフォルニアのすてきな古い屋敷に住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

日曜生まれは可憐に―あの歌を憶えていたら〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「ニックがお医者さまになって戻ってきたのよ」養母の口から出た懐かしい名前に、リンゼイの胸はきゅんとなった。赤ん坊のときから自分を育ててくれたヒルマン夫妻は、身寄りのない子供たちに家庭を与え、何人も社会に送りだしている。ニックはリンゼイが九歳のときに引き取られてきた。不幸を背負った少年はなかなか心を開こうとしなかったけれど、リンゼイはひと目見て、淡い憧れの気持を抱いたのだった。養父母たちから充分に愛情を受けながら、当時の彼女は、それでも自分には何かが欠けていると感じていた。同じような満たされない思いを少年の中にも発見したのかもしれない。いまや、ダークスーツに身を包んだニックには、ぼさぼさ頭のひょろひょろっとした少年の面影はなかった。じっと見つめられ、リンゼイは思わず頬を染めた。

王様とマーメイド―カラメールの恋物語〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
わがままな母と妹を養う義務からやっと解放され、アリーは休暇をとってカラメールへやってきた。ある日、海で泳いでいるうちに流されて溺れてしまい、魅力的だが傲慢な男性に助けられる。なんと彼はこの国の大公、ローヌ・ド・マリーニだった。恐縮するアリーに、彼は自分のために働いてくれと頼む。また何かに縛られるのは気が進まないが、命の恩人、しかも君主の望みとあっては断るわけにもいかない。アリーはしぶしぶ仕事を引き受けたけれど、率直で飾らない彼女と、伝統を重んじるローヌは顔を合わせるたびに衝突してばかりだ。ついに怒りのあまりアリーは、彼に平手打ちを食らわせてしまう。その罰として、ローヌはあることを命じた。

真実よ、今こそ―炎のハート・愛と情熱の物語〈5〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
セレスト・キャンブルとバイロン・ホィットモーの反目は有名だ。だがそれはオパールを扱う二つの会社の社長としてばかりではない。セレストの好戦的な態度は、バイロンへの復讐だった―。二十一年前、彼女を地獄に突き落とした男への。しかしパーティーで威風堂々たるバイロンに会ってからというもの彼女の心は乱れていた。私はまだ彼に欲望を感じている…。バイロンが再婚するという噂を聞くと、心はいっそう騒いだ。そして運命は一気に二人を引き寄せた。彼女の放蕩の弟デイミアンが家出したジェマ・ホィットモーをかくまっているというのだ。家出の理由を知ったセレストは、事態を収拾すべく、意を決してジェマの夫の養父であるバイロンに電話した。

悩めるシーク/シークの選択―砂漠の王子たち〈4〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『悩めるシーク』―ラナはロンドンの大学に在学中、同じ留学生のアラシュに出会い、ハンサムで謎めいた雰囲気の彼にまたたく間に恋をした。そして身を捧げ…翌日、捨てられた。その後ラナはなんとかアラシュと待望の再会を果たすが、彼の冷たい応対に、やはり私は捨てられたのだと確信する。しかも彼は、自分には愛する女性がいると言い…。『シークの選択』―バラカット首長国のプリンス・ジャラルが、カナダにあるクリオの家に滞在することになった。彼はかつて盗賊だった男で、クリオの姉ザーラを誘拐したこともある。だがクリオは彼に惹かれ、ある日、愛を交わす寸前までいってしまう。そのとき、情熱にかすむクリオの頭に飛び込んできたのは、うわごとのようにザーラの名をつぶやくジャラルの声だった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
セラーズ,アレキサンドラ
カナダに生まれ育ち、演劇を学ぶためにロンドンに留学。現在、夫ニックとともにハムステッド・ヒースの近くに住む。中央アジアと中東の人々、言葉、宗教、歴史を愛し、ヘブライ語とペルシア語を学び、現在はアラビア語に取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

危険なハネムーン―孤独な兵士〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
書店を経営するダニーは、メキシコでの休暇中にハンサムなエリックと出会い、恋に落ちた。「あなたがほしいの」彼女は弱々しい声でいった。「ぼくの思いは、きみより強烈だ。いまここで、きみを妻にすることを誓うよ。あした教会へ行こう」エリックの言葉に心を打たれ、ダニーは大粒の涙を流した。ところが、夫婦になっても、エリックは軍関係の仕事をしているということ以外、なにも自分のことを話そうとしない。ダニーはしだいに、かれに秘密のにおいを感じはじめる。わたしは利用されているだけなのかしら…でも、なんのために。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
パーマー,ダイアナ
多作なロマンス作家。かつては新聞記者として毎日が締め切りの生活を経験したことから、執筆が滞ることがなく、平均して二カ月に一冊の割合で新しい作品を仕上げている。家族は夫と息子の三人。夫とは出会って一週間で結婚した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

火曜生まれは気高く―あの歌を憶えていたら〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“あなたには家族がいるのよ。それもお兄さんが四人に、お姉さんと妹さん。六人もの肉親が…”トレント・エンタープライズ社長の養女として育ったミシェルは、相次いで養父母を亡くすという不幸に見舞われたが、養母の書き残した手紙を読んで、出生の秘密を知ることになった。わたしにきょうだいがいたなんて…。満ち足りた生活を送りながらも、どうしようもない寂しさを感じたことが何度もあった。みんなはわたしのことを憶えているかしら?ミシェルは行方不明のきょうだいを探す決心をし、私立探偵のトニー・ダレッサンドロを訪ねる。が、そこでまさか、彼の黒い瞳や輝くような笑顔に魅せられてしまうとは、思ってもいなかった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フェリス,ジーナ
アメリカ南部の自然と人をこよなく愛し、作品にもよく盛り込んでいる。ハーレクイン・テンプテーション並びにシルエット・スペシャル・エディションの代表作家の一人で、ジーナ・ウィルキンズ、ジーナ・フェリクス・ウィルキンズという名でも活躍中である。“あの歌を憶えていたら”シリーズのスピンオフが2000年6月と7月(N-821、N-825)にスペシャル・エディションより刊行されます(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

噂の伯爵―ロイヤル・ウェディング〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「お客さま、申し訳ありませんが、どうか別のテーブルへ…」ウェイターの言葉に、キャリーは憤然とした。明らかに有名人と思われるグループが、見晴らしのよいキャリーたちのテラス席を奪おうというのだ。フリーライターのキャリーが、取材のため、地中海の美しい小国、サン・リナルド公国に滞在中の出来事だった。もめごとを嫌って席を移ると、キャリーのもとに、グループの一員と思われる長身でハンサムな男性が現れて謝罪した。だがそのあと、男性がこちらの勘定をすませていたことがわかり、怒ったキャリーは彼のあとを追いかけ、非難の言葉を浴びせかける。その瞬間、彼女は茫然とした。さっきは薄暗くてわからなかったが、彼はこの国の王位継承権所有者、レオーネ伯爵だったのだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ハワード,ステファニー
スコットランド生まれ。ロンドンに出て経済学を学び、数々の女性誌を舞台に、十年間にわたってジャーナリストとして活躍した。仕事でイタリア、マレーシア、中東など、外国生活も多く経験している。現在はケント在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

秘密―リン・グレアム傑作集〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「きみと結婚?」これがルークの答えだった。「いや、きみにはぼくの妻にふさわしい家柄も、教養もない」キャサリンの頬から血の気が引いた。父も母もなく孤児院で育ったキャサリンは、愛に飢えていた。著名な大実業家のルークに恋した十八の時、何も求めず、ひたすら愛を捧げた。だが、そんな彼女に与えられたのは、愛人という名だった。豪華な住まい、贅沢な暮らし…。そこにあるのは不安だけ。電話の音に耳をすまし、心変わりを恐れて顔色をうかがう二年間。そして今、彼女はどちらかを選ばなければならなくなった。ルークと結婚するか、それとも彼のもとを去るか…永遠に。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド生まれ。十代のころからロマンス小説の熱烈な読者だった。大学で法律を学ぶと同時に十八歳で結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚という経歴の持ち主。現在五人の子供を育てている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[電子たばこ] [台東クラブ] [美容外科] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [ハロー!江東区!] [東京ぶらぶら] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [墨田区紀行] [アキバ中毒のページ] [台東紀行]

ooo千葉の水のおはなし.COMooo AV機器ooo スーパーシガレット/SuperCigaretteooo カフェの歴史から千葉のカフェ紹介まで☆★カフェ千葉★☆ooo パチスロ必勝!in千葉市ooo 巣鴨で散策!ooo ビジネス.コレクションooo お笑いタレントooo 使えるフリーメール比較ooo 千葉の伝統文化。彫刻、石像、絵画、工芸、文化財ooo フード、ドリンク.コレクションooo ~品川の街~ooo Rest for a momentooo おいしいくだものメニューooo 山手線エリア~洋食屋 王道のカレー&ビーフシチュー~ooo 台東クラブooo AV・カメラ・PCooo 文の京!文京区!ooo おやじの聖地、のんべえの街、新橋ooo ラーメン!つけ麺!僕イケメン!ooo