ハーレクイン=プレゼンツ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・プレゼンツ。これを読まずに・・・。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

ド・レーシ家の物語 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
十三世紀末のイングランド。国王から結婚を命じられ、エイズリー・ド・レーシは怒りと落胆を感じていた。それも国王の騎士の中から、勝手に夫を選べと強要されたのだ。でも、もしわたしがとんでもない相手を選んだら、無理に結婚しなくてもいいと言われるのでは?そう、“赤い騎士”と呼ばれるモンモランシー男爵なら…(「悪魔の花嫁」)。ベルブライの領主ニコラス・ド・レーシの胸は怒りにたぎっていた。八つ裂きにしても飽き足らない恨みのあるヘクサム男爵を、妹の夫に先に討ち取られてしまい、憎しみのはけ口がない。悶々としていたある日、国王から急使が遣わされた。ヘクサム男爵の唯一の後継者である彼の姪ジリアンを妻とせよという。ニコラスは復讐の想像にゆがんだ笑みを浮かべつつ花嫁を城へ迎えた(「尼僧院から来た花嫁」)の2作を収録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
シモンズ,デボラ
オハイオ州マンスフィールド生まれ。二児の母。ジャーナリストをへて、作家となる。日本で一番の人気を誇るヒストリカル作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

抱きしめて―クリスティン・リマー傑作集〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
あれは、まちがいなくジョーの車。買い物をすませて町から帰ってくると、クレアの経営するモーテルの前に見覚えのある車がとまっていた。子供のころからあこがれ続けてきた彼と、初めて結ばれた、あの六週間前の夢のような一夜。でも彼は、もう会うべきではないと言って去っていった。そのジョーが、なぜ突然現れたのかしら。彼は私の秘密を知ってしまったの?今夜妊娠テストをしてみるつもりだけれど、もしかしたら私は彼の子供をみごもっているかもしれないのだ。しかし、ロビーで待っていたジョーはだしぬけに、「アラン・ヘンソンとはつきあわないでほしい」と言った。私の愛をずっと拒んでおきながら、他の男とはつきあうななんて、ジョーにそんなことを言う権利はないわ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リマー,クリスティン
オクラホマ州に家族とともに住む。ロマンス作家になるまで、女優、店員、ビルの管理人など実にさまざまな職業を経験している。近年、ロマンティックタイムズ誌で賞を獲得している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

風のむこうのあなた―嵐のごとく〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
七年前、エイミーとニックは恋人同士だった。だが妹からニックの子を身ごもったと聞かされ、エイミーは憎悪に駆られてニックと別れた。大人になりきれぬまま、出産した妹のためにエイミーはその子を自分の子と偽って育てる。人づてにエイミーが彼の子を産んだと聞いたニックは強引に結婚を迫り、ふたりは別居生活の夫婦になった。そして今、六歳になった息子が脳炎にかかったと知り、ニックが意を決したように彼女の元へかけつけてきた。「今度こそはっきりさせよう。なぜぼくを避ける?」「わたしはあなたを一生恨んでやるわ」「ぼくはきみに恨まれるようなことはしていない!」真剣なまなざしでそう言う彼にエイミーはたじろいだ。「愛しているんだよ。いったいなにがあったんだ?」ニックに優しく抱きすくめられながら、エイミーはふと彼の七年前の裏切りに疑問を抱いた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
メイジャー,アン
生粋のテキサス人で、英文学とスペイン文学の修士号を持ち、二年間教師をしていたこともある。英語、スペイン語はもちろん、フランス語も堪能(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

金曜生まれは愛して施し―あの歌を憶えていたら〈5〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ディスカウント・ショップで買い物をしていたテイラーは、自分の目が信じられずに、立ち尽くした。2年前に死んだはずの恋人が、じっとこちらを見つめているのだ。ディラン…。だがその男性はライアン・ケントと名乗り、テイラーにデイトを申し込んだ。まるで幽霊とデイトするみたいだわ。彼女はためらうが、ライアンの強引さに負け、デイトに応じる。やがて、彼をディランの亡霊としてではなく、ライアンその人として愛し始めたテイラーだが、ふと気がつくと、ライアンは自分については固く口を閉ざしたまま、依然として謎に包まれている。私だけが自分のことを喋っている―彼はほんとうは何者なの。

秘密を抱く女―ミトラの三つの星〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
フォンテーン・デパートを持つ一族の若い女相続人が死んだ。ヌードグラビアに登場し、妻あるイギリス貴族とつき合い、ハリウッドスターと浮き名を流して、新聞の社交欄に名前の出ない週はなかった女。現場となった屋敷の豪華な寝室の壁にかかる肖像画を、警部補セスはじっと見つめた。完璧な美貌だ。どんな声をしているのだろう?部屋に染みついた残り香のようにセクシーな低音か?一瞬、そんなことを思ったとき、視界の隅で何かが動いた。銃が向けられている。なんと、相手は肖像画の女だ。死んだはずの女―グレイス・フォンテーン。では、あの死体は一体誰なんだ!それとも、何かの力で蘇ったのか…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロバーツ,ノーラ
メリーランド州に育つ。’81年、シルエット・ロマンス「アデリアはいま」でデビュー。’98年に「マクレガーの花婿たち」でニューヨークタイムズ・ベストセラーリスト第一位に輝き、翌年には年間14作がベストセラーリスト入りを果たすなど記録的な人気と実力を誇っている。作品は全世界25カ国以上で翻訳され、日本でも’82年から100作近くが刊行されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

冬の花嫁たち―『片思いの日々』『ダーリンと呼ばないで』 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『片思いの日々』マチルダは最近、両親とともに小さな村に引っ越してきたばかり。村の診療所が受付係を募集していると聞き、家計を助けようと面接を受けた。運よく採用された彼女の目に、ドクター・ラヴェルは魅力的な男性に映る。実際、ひと目見た瞬間、恋に落ちてしまったのだ。でもわたしは美しくないし、ドクターには婚約者がいるという。彼への思いはぜったいに隠しておかなければ…。『ダーリンと呼ばないで』つき合っていた恋人に捨てられ、エイミーの気分はどん底だった。こんな精神状態のまま、個人秘書の仕事がつとまるだろうか。ボスのジェイクの前では精いっぱい隙を見せないようにしないと、プレイボーイで鳴らす彼の犠牲者の一人になりかねない。だが固い決意も虚しく、エイミーはなすすべもなくジェイクの手に落ちた。さらに驚くべき事態が生じる。妊娠を理由に結婚を申し込まれるなんて。

内容(「MARC」データベースより)
村の診療所の受付係に採用されたマチルダは、ドクター・ラヴェルをひと目見た瞬間、恋に落ちてしまった。彼への思いはぜったいに隠しておかなければ…。「片思いの日々」「ダーリンと呼ばないで」の2編を収録。

幸せはあとから (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ある日、ホワイトホーンの牧場に女の赤ちゃんが捨てられていた。その世話を任させた社会福祉士ジェシカと私服刑事のスターリングは赤ちゃんに孤独を癒されながら、やがて愛し合うことに。一方、うわさのメアリー・プラマーは…。ダイアナ・パーマーが描く『ホワイトホーン・マーヴェリック』シリーズ、待望の1冊。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
パーマー,ダイアナ
新聞記者から出発してフィクションの世界に天職を見いだした。シリーズ・ロマンスで、いまもっとも売れている作家の一人。総発行部数は1000万部を超え、数々の受賞歴を誇る。アメリカ、ジョージア州在住。大の親日家で、日本の言葉と文化を学んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

最後のおおいなる情熱―エマ・ダーシー傑作集〈5〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「僕は今シドニーにいるんだ。君に会いたいんだよ、アン」七年前、私の前から突然姿を消したサディが戻ってきた。かつて愛した男の出現に、アンの胸はうち震えた。七年!音信がとだえていた七年間、ずっと孤独で苦しかった。ほかの男性ともつきあってはみたけれど、彼を忘れることなどできなかった。一方、サディは劇作家として成功をおさめ、数々の美女たちとの関係をマスコミにとり沙汰されてきた。なぜ、彼は今ごろ連絡してきたの?でもこれは、彼への思いにけりをつけるいい機会だ。あれは若き日の夢にすぎなかったのか。それとも決して消えることのない情熱だったのか…。希望と不安と狂おしい思慕を胸に秘め、アンは彼のもとへ急いだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ダーシー,エマ
ハーレクインを代表する作家の一人。波瀾に満ちた運命的な愛を描いた作品が多く、エマ自身もバイタリティあふれる女性。語学や演劇を教えながら女優を志したが結婚のために断念し、子育て後、念願の作家となった。オーストラリア在住。ミランダ・リーは実の妹である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ミスティーモーニング―オハーリー家の物語〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
バージニア州の奥地にある牧場で、アビゲイル・オハーリーは愛する二人の息子たちと忙しい毎日を送っている。アビーは十八歳のとき、有名なカーレーサーと電撃結婚をしたが、プレイボーイの夫との生活は彼女の心を苦しめつづけ、四年前、夫が事故で亡くなったとき、残されたのは牧場と借金だけだった。そんなある日、ディラン・クロスビーという作家が、夫の伝記を書くために彼女の協力を求めてきた。息子たちのためにも父親の形見をつくってやりたい。そう思い、アビーはディランの来訪を承諾し、数カ月間彼と牧場で生活を共にすることにしたのだが…。

魔女に恋した夜は―ドノバン一族は魔法使い〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“魔女の木”と呼ばれる大木が静かに倒れた夜、モーガナ・ドノバンはこの世に生まれた。そして二十八年後…モンテレーに魔女がいるという噂を聞きつけて、シナリオライターのナッシュ・カークランドが取材にやってきた。何本かホラー映画をヒットさせた彼は、迷信や言い伝えを使って人々の恐怖心を揺さぶり、怖がらせたり楽しませたりするのが自分の仕事と考えていた。探しあてた女性が経営するクリスタルとハーブの店の名はWICCA―ウィッカとは魔女を意味する古代英語だ。村を駆け回って魔法をかけている老婆の姿が目に浮かぶ。が、やがて彼の前に現れた“魔女”は…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロバーツ,ノーラ
シルエットを代表する作家の一人で、アメリカ・ロマンス作家協会(RWA)の特別会員。幾度もRWAの金賞に輝いている。ニューヨークタイムズ・ベストセラーリストの常連であり、記録的な人気と実力を誇る彼女は、たびたびマスコミに紹介され、広く注目を集めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[電子たばこ] [台東クラブ] [美容外科] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [ハロー!江東区!] [東京ぶらぶら] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [墨田区紀行] [アキバ中毒のページ] [台東紀行]
[推理物.com] [ロマンス天国〜時代物]

ooo山手線エリア 珈琲~Coffee~ooo 千葉ビーチONLINE! 館山、勝浦、鴨川、南房総、御宿、九十九里のビーチ情報!ooo 墨田区紀行ooo 千葉天ぷら・千葉天ooo 千葉干物天国ドットコムooo なでしこJAPANooo 日本蕎麦ならぬ千葉蕎麦!ooo 「TaEco」(タエコ)ooo 将棋好き好き@千葉ooo 千葉の水のおはなし.COMooo TOKYO SMOKER(トウキョウスモーカー)ooo 千葉スポーツ施設MAPooo 鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」ooo 山手線エリア~異国の料理を味わう!~ooo 千葉県の大学一覧ooo レジャー、アウトドア.コレクションooo 山手線エリアで味わえる庶民の味!BQグルメooo 東京ぶらぶらooo ネット証券比較っすooo 神奈川いいとこじゃん!ooo