ハーレクイン=プレゼンツ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・プレゼンツ。これを読まずに・・・。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

愛を約束された町〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『ゴーストタウンの薔薇』―外出先からの帰り道で、サヴァンナは車が故障して困っている男性ラレードと出会う。親切心から自分の車に乗せ、仕事にあぶれていると知ると、サヴァンナは彼に庭の手入れを任せることにした。だがラレードの出現で、内気なサヴァンナが変わり始めたころ、ある事件が持ち上がった。『幸運を呼ぶキス』―食料雑貨店を一人で切り盛りするエリーにとって、兄の共同経営者グレンとの友情はずっと心の支えだった。だがある夜、亡き父の思い出にひたっていたとき、グレンにやさしく慰められて思わずキスをかわしてしまう。以来、グレンとの仲がぎくしゃくしはじめたエリーの前に、女たらしで有名なリチャードが現れた。

内容(「MARC」データベースより)
車の故障で困っている男性を助けたサヴァンナは、彼が仕事にあぶれていると知り庭の手入れを任せることに。彼の出現で、内気なサヴァンナが変わり始めた頃…。2000年刊「ゴーストタウンの薔薇」「幸運を呼ぶキス」の合本。

砂漠の花嫁―リン・グレアム傑作集〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
学生時代ベサニーは、留学していたアラブの国の王子と知り合った。たがいに惹かれ、王子ラズルはついにベサニーを強く求めた。しかし、文化が違いすぎてベサニーは拒否し、王子は去った。あの時の別れのつらさは、今もベサニーの心に深く残っている。だが、二年後、仕事でアラブに派遣され、着いてみたらダタール国の宮殿に連れていかれて、ベサニーは驚いた。この出張は、ラズルのさしがねだったのだ。絢爛たる宮殿で、ラズル王子はこのうえなく甘美にベサニーを誘惑する。怖いほど端整で、エキゾチックな彼の魅力には今にも負けそうだけど、この宮殿には、二百人もの愛妾がいるハーレムがあるという。奥方だって何人いるのかわからないような人を、受け入れることなど、絶対できないわ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド生まれ。十代のころからロマンス小説の熱烈な読者だった。大学で法律を学ぶと同時に十八歳で結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚という経歴の持ち主。現在五人の子供を育てている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ワイルド・フォレスト (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
わたしにはあなたしかいない!予期せぬ飛行機事故。奇跡的に生き残ったのは心に暗い影を持つ男と光り輝く世界に生きる女。衝突を繰り返しながらも生きるために支えあう二人の運命の行方は…?晩秋の森に突然取り残された、見知らぬ男と女。生きるための戦いが、今はじまった…。

愛と罪の十字架 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
カリフォルニア州のバーでウエイトレスとして働くマギーは、常連客とともにやってきた男性を見て、全身を凍りつかせた。彼女は平静を装い、いつものように嘘の身の上話をしながらも、この町に別れを告げるときが来たのかもしれないと思った。その男性、刑事のショーンとは十五年前に会ったことがある。彼女がまだ“本当のマギー”だったころ、母親の殺害現場で…。

内容(「MARC」データベースより)
ウエイトレスとして働くマギーは、ある男性客を見て、全身を凍りつかせた。その男性、刑事のショーンとは15年前に会ったことがある。母親の殺害現場で…。殺人の罪で逮捕された少女の身に、次々と過酷な運命が襲いかかる。

バックホーン・ブラザーズ〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『きまじめな誘惑』―大学で心理学を学ぶ地味でさえないエリザベスは、新聞で見かけたあるヒーローの記事に興味を持った。危険を顧みず、水難事故から母子を救ったという話は、彼女の研究論文のテーマ“英雄論”にぴったりだ。当のゲイブ・キャスパーに会いにバックホーン郡を訪れると、彼は予想とまったく違う人物だと判明した。『世話好きな恋人』―ひなびたバーのダンサー―それがジョージアの仕事だった。肌もあらわなレースの衣装を身にまとい、音楽に合わせて踊る。もちろん彼女も好きでしているわけではない。その夜は、いつもとは違った。決して客と目を合わせないジョージアが、なぜか一人の男性に引きつけられたのだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フォスター,ローリー
愛に対する確固たる信念をセクシーな作風と切れ味のいい文章で表現し、読者の支持を得ている。日本では、ハーレクイン・テンプテーションを代表する作家でもある。高校時代からの恋人である夫と三人の息子とともにアメリカのオハイオ州に住んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

夢の破片―ミトラの三つの星〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ある雨の朝、ケイドの探偵事務所を美貌の女性が訪れた。瞳は謎めいてきらめき、青白い顔は妖精のように、はかなく繊細だ…。それは彼にとってまさに夢の女性の出現だった。彼女は、行方不明者の捜索をしてほしいと切り出した。「捜してほしいのは私。私、自分が誰かわからない」所持品は、美しい装いにそぐわないキャンバスバッグ一つ。そこには手の切れそうな百ドル札の束がぎっしり詰まり、さらに三八口径のピストルと、目を奪うばかりの巨大なダイヤモンドが入っていた。身元のヒントになるものは一つもない。札束とピストルとダイヤモンド。失われた記憶。ケイドは誓った、何がなんでも謎を解明することを。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロバーツ,ノーラ
メリーランド州に育つ。’81年、シルエット・ロマンス「アデリアはいま」でデビュー。’98年に「マクレガーの花婿たち」でニューヨークタイムズ・ベストセラーリスト第一位に輝き、翌年には年間14作がベストセラーリスト入りを果たすなど記録的な人気と実力を誇っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

秘密―リン・グレアム傑作集〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「きみと結婚?」これがルークの答えだった。「いや、きみにはぼくの妻にふさわしい家柄も、教養もない」キャサリンの頬から血の気が引いた。父も母もなく孤児院で育ったキャサリンは、愛に飢えていた。著名な大実業家のルークに恋した十八の時、何も求めず、ひたすら愛を捧げた。だが、そんな彼女に与えられたのは、愛人という名だった。豪華な住まい、贅沢な暮らし…。そこにあるのは不安だけ。電話の音に耳をすまし、心変わりを恐れて顔色をうかがう二年間。そして今、彼女はどちらかを選ばなければならなくなった。ルークと結婚するか、それとも彼のもとを去るか…永遠に。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド生まれ。十代のころからロマンス小説の熱烈な読者だった。大学で法律を学ぶと同時に十八歳で結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚という経歴の持ち主。現在五人の子供を育てている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

抱きしめて―クリスティン・リマー傑作集〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
あれは、まちがいなくジョーの車。買い物をすませて町から帰ってくると、クレアの経営するモーテルの前に見覚えのある車がとまっていた。子供のころからあこがれ続けてきた彼と、初めて結ばれた、あの六週間前の夢のような一夜。でも彼は、もう会うべきではないと言って去っていった。そのジョーが、なぜ突然現れたのかしら。彼は私の秘密を知ってしまったの?今夜妊娠テストをしてみるつもりだけれど、もしかしたら私は彼の子供をみごもっているかもしれないのだ。しかし、ロビーで待っていたジョーはだしぬけに、「アラン・ヘンソンとはつきあわないでほしい」と言った。私の愛をずっと拒んでおきながら、他の男とはつきあうななんて、ジョーにそんなことを言う権利はないわ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リマー,クリスティン
オクラホマ州に家族とともに住む。ロマンス作家になるまで、女優、店員、ビルの管理人など実にさまざまな職業を経験している。近年、ロマンティックタイムズ誌で賞を獲得している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

カサノヴァの素顔―プレイボーイの誘惑〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
広告代理店に勤めるミッシェルのもとに、ある日、結婚式の招待状が配達された。差出人は、ミッシェルの十年来の恋人ケヴィン。二人は、別れてはよりを戻すというつき合いをずっと続けてきた。今は喧嘩していても、きっとまた仲直りしようと泣きついてくる。そう思っていたのに、いきなり結婚してしまうなんて!涙にくれるミッシェルをやさしく慰めてくれたのは、彼女とケヴィンの共通の友人、タイラーだった。お金持ちでハンサムで有能な彼に、今まで反発を感じていたけれど、私が勝手に誤解していたのかもしれない。彼のやさしさに触れたミッシェルは、とんでもない案を思いつく。そうだ、ケヴィンの結婚式にタイラーを同伴して出席しよう。それも新しい恋人として。ケヴィンはどんな顔をするかしら。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リー,ミランダ
オーストラリアの田舎町に生まれ育つ。全寮制の学校を出てクラシック音楽の勉強をしたのち、シドニーに移った。幸せな結婚をして三人の娘に恵まれたが、家にいて家事をこなす合間に小説を書き始める。現実にありそうな物語を、テンポのよいセクシーな描写で描くことを得意とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

幸せはあとから (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ある日、ホワイトホーンの牧場に女の赤ちゃんが捨てられていた。その世話を任させた社会福祉士ジェシカと私服刑事のスターリングは赤ちゃんに孤独を癒されながら、やがて愛し合うことに。一方、うわさのメアリー・プラマーは…。ダイアナ・パーマーが描く『ホワイトホーン・マーヴェリック』シリーズ、待望の1冊。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
パーマー,ダイアナ
新聞記者から出発してフィクションの世界に天職を見いだした。シリーズ・ロマンスで、いまもっとも売れている作家の一人。総発行部数は1000万部を超え、数々の受賞歴を誇る。アメリカ、ジョージア州在住。大の親日家で、日本の言葉と文化を学んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[電子たばこ] [台東クラブ] [美容外科] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [ハロー!江東区!] [東京ぶらぶら] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [墨田区紀行] [アキバ中毒のページ] [台東紀行]
[ロマンスの蝶番] [ロシアの読み物]

ooo夏はプールだ千葉特集ooo AKIBA-JUNKooo 千葉の滝さがしドットコムooo シブヤをよく知る為のサイトooo 千葉ちゃんパパの公園散歩ooo ベビー、キッズ、マタニティ.コレクションooo GO!GO!九十九里!海水浴は九十九里で決まり!ooo アイスが食べたいお年頃@千葉ooo 墨田区紀行ooo 甘いお菓子の街千葉ドットコムooo 台東紀行ooo リネージュIIクロニクル5ooo 山手線エリアで味わえる庶民の味!BQグルメooo 千葉の醤油ooo 週末お出かけマップアンドパーク千葉ooo 100均より安いooo ジューシーな肉料理ooo Simple Smoker(シンプルスモーカー)ooo カフェの歴史から千葉のカフェ紹介まで☆★カフェ千葉★☆ooo 国家の要!千代田区ooo